場内の紹介 part2

ブログ

2018.04.29(日)

Facebook twitter

IMG_1110みなさんこんにちは!

今日は、トットガーデン 場内の遊具紹介 第2弾です。

まずは、ベビーゾーンで赤ちゃんに人気の、「クーゲルバーン」です。
「クーゲルバーン」とは、玉ころがし、という意味のあそび道具で、ボールを置くと、ころころころ、と
道を転がっていきます。
赤ちゃんも、この、「ボールをおく。」と「ころころころがる。」が大好き。何度も何度も繰り返してあそびます。
乳児期からたっぷり遊ばせてあげたい玉ころがしですが、ボールがビー玉など、お口に入る小さいものが多く、
遊びたいのに遊べない、経験も多いのではないでしょうか?

トットガーデンのクーゲルバーンは、赤ちゃんでも手に取りやすく、お口に入らない大きさ。
そして、木製ボールの為、程よい重さがあり、「ごろごろ」と転がっていきます。
ボールだけではなく、いろいろなものを転がしてあそびます。

さあ!たまご型のマラカスも転がしてみましょう。どんな音がして、どんな転がり方をするかな?
IMG_1112
子どもたちの頭は柔らかく、この道が「道路」に見える子は、車を走らせたり、いつも楽しい光景が見られます。

この大きさ、迫力はおうちでは、なかなかできないあそびですね。

続いては、体を動かすあそび、「ファンクショントンネル」です。

IMG_1115
キドキドには、「サイバーホイール」という丸く円になったチューブ型の遊具が入っていますが、トットガーデンでは、小さな赤ちゃんでも
ゆらゆら揺れて遊べるように、この形を入れています。
透明で、ゆりかごのような形は、小さな子どもたちでも、「乗ってみたい」という興味を引きます。
赤ちゃんの時期は、ママのお膝の上で「ゆらゆら」。ちょっと慣れてきたら、寝そべったり、座って「ゆらゆら」。
この揺らぎが、「三半規管」を刺激したり、不安定な体制で、自分の体を支える「筋力」や「バランス力」が鍛えられたりするのです。

また、はいはいのころの赤ちゃんには、「はいはいトンネル」としても活躍しています。
IMG_1118
透明で、トンネルの向こう側にいるママの顔が見えるから、「いないいない~」「ばあ!」と楽しくかくれんぼできますね。

こんな風に、トットガーデンには、まだヨチヨチ歩きの赤ちゃんや、はいはい期の赤ちゃんが、楽しく遊べる遊具がいっぱいです。
場内には、「プレイサポーター」がいて、遊具の遊び方もお伝えしますので、ぜひ一度、あそびにいらしてくださいね。
お待ちしております。

IMG_1119